コラム

〈茨城県守谷市近郊にお住まいの方必見〉小学生を “英語塾” を通わせるべき理由を詳しく解説

小学生のお子さんがいる親御さんにとって、英語塾に通わせるかどうかは悩みの種かもしれません。

「みんなが通わせているからうちも…」となんとなく考えている方も多いでしょう。

しかし、せっかく習い事に通わせるなら、お子さんが楽しめて長続きできるところを選びたいですよね。

そこで、今回は英語塾の選び方から、私たち“のびのび館”のおすすめクラスまで徹底解説します。

茨城県守谷市やその周辺にお住まいの方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

このコラムのポイント


●小学生が学校で学ぶべき英語の学習目標はとても多く、自宅学習や習い事でフォローしなくてはしっかり習得することは困難です。

●英語塾を選ぶ際には、オンライン型とスクール通学型の両方を開講している塾がおすすめです。

●「のびのび館」では、お子さん一人一人に合った学習プログラムで、学ぶ楽しさや問題解決力を伸ばします。

 

小学生で必要な英語レベルは10年前と全く異なります

みなさんは、今の小学生がどの程度の英語を学校で勉強してるかご存じですか?

小学校での外国語授業が本格指導する前は、中学入学時にアルファベットとある程度の単語、簡単なフレーズを知っているだけで評価されていましたが、今やそうもいきません。

 

文部科学省では、2017(平成29)年3月に、学校教育法施行規則を一部改正し、その中で小学校学習指導要領も改訂しました。

それによって、2020(令和2)年からは全面的に「外国語活動(外国語授業)」を実施することとなりました。

新小学校学習指導要領の中では、英語の学習目標を以下のように明記しています。

 

英語学習の特質を踏まえ、以下に示す、聞くこと、読むこと、話すこと[やり取り]、話すこと[発表]、書くことの五つの領域別に設定する目標の実現を目指した指導を通して,第1の「聞くこと」及び「読むこと」に示す資質・能力を一体的に育成するとともに,その過程を通して,「話すこと[やりとり]」に示す資質・能力を育成する。

引用元:文部科学省|小学校学習指導要領(平成29年告示)解説〜外国語活動・外国語編

 

具体的な達成目標は、小学3〜6年生の間で600~700語の英単語を習得し、その他は英作文の読み書きから発音やイントネーションまでと幅広い内容です。

ここでポイントなのが、中学生に進学する時点では、これらの学習内容は「既に習得済み」とみなされる点です。

実際は3〜6年生の4年間のうちで、外国語(英語)の授業はたった210単位しか設けられません。

果たして、この限られた時間で全ての子供が学習目標を達成することができるのでしょうか?

 

現実は自宅学習や習い事でのフォローが必要

学習指導要領の中に明記されている目標を、小学生の授業だけで自分のものにするのはどうしても困難です。

つまり、学校の授業だけに頼っていては、中学校に進学した際に遅れを取りかねません。

ですから、自宅学習や英語塾などの習い事で補填する必要があります。

 

ここで多くの親御さんがぶち当たるのが、「自宅学習を継続させられない」ということ。

忙しい日常の中で、お子さんの理解度を確認して足りない部分を補うような自宅学習を徹底するには、かなり労力が必要になるでしょう。

このことから、英語塾に通わせるご家庭が増えています。

中学入学と同時に遅れを取らないためにも、小学生のうちに小学生で学ぶべき内容をしっかりと定着させることがとても重要です。

 

オンライン?スクール通学?一体どちらの英語塾がいいの?

〈オンライン〉

  • 他にもいくつかの習い事に通っていて忙しい子にとっては、通学時間が不要なので両立がしやすい
  • ネイティブ講師を含めた多数の講師から英語を学べる
  • 強制力が低いため、学習を継続させるためには、本人はもちろん親の強い意志が必要
  • 目標を共にする“仲間”が作りづらい

〈スクール通学〉

  • 時間帯や曜日が限定されてしまうため、たくさんの習い事と両立しにくい
  • 基本的には毎回同じ講師から英語を学ぶ
  • クラスメイトができるため、学習への意欲を維持しやすい
  • 教室に足を運んで授業を受けるため、オンラインよりも気持ちの切り替えができて学習に集中できる
  • 親子共に「休みづらい」「休んではいけない」という心理が働くため、欠席率が低い
  • 担当講師が生徒の反応を見ながら臨機応変に授業内容をアレンジしやすいため、習得が早い傾向がある

 

どちらも一長一短ですが、大事なのはお子さんの性格や適性を見極めることです。

どちらが継続しやすいか、どちらの方がより楽しめるかをじっくりお子さんと話し合ってみましょう。

また、両方を並行して通うこともおすすめです。

ただし、その際はカリキュラムや学習方法が全く異なるとお子さんが混乱して理解が遅くなってしまう可能性があります。

ですから、両方を運営している英語塾で、フレキシブルに学習方法を変えられるところがおすすめです。

 

”のびのび館”は茨城県守谷市で10年以上英語を子どもたちに教えています

速読聴

私たち“のびのび館”は、本体の“のびのび英会話教室”として30年以上子どもたちに英語を教えてきました。

その経験と実績を活かしたクラスが、「のびのび英会話」。

クラスは園児クラス(3歳児・4〜5歳児)小学校低学年クラス(6〜8歳児)、小学生中・高学年クラス(9〜12歳児)、中学生クラスの計5つです。

 

園児クラス
(ピンク・イエロー)

チャンツや歌、ゲームなど、体全体を使って英語を学びます。まずはこのクラスで英語を学ぶ楽しさを知ってもらうことが目標です。

小学校低学年クラス
(グリーン)

フォニックスを使って、英語の基礎的発音とアルファベットを学びます。正しく発音できるようになるためには、とても重要なフェーズです。

小学校中・高学年クラス
(パープル)

学校などで身につけた英語を、英検受験を通して体系的に学び直します。そうすることで、苦手分野が明確になり、知識がしっかりと定着します。

中学生クラス
(中学部)

学校で習う英語を先取りした内容を学習し、さらには今まで積み上げた知識を“使える”英語にするために、会話の運用まで学びます。

 

このように、そのお子さんの年齢や発達段階に応じた楽しいレッスンを用意しております。

また、生徒全員が参加できるスピーキングイベントでは、自分の意見を発表するスキルを身につけられ、国際交流キャンプでは、英語を通じてリーダーシップやフォロワーシップを体感できます。

 

 

“人間力を育てる”を軸に多彩なクラスを開講しています

英語教育

“のびのび館”では、「人間力」をコンセプトに、お子さんだけではなく大人の方の「学びたい気持ち」も実現できます。

何かを学び始めるのに早すぎることも遅すぎることもありません。

「何かを得て人生をもっと充実させたい」「幅広い知識を得て人間力を高めたい」…

そのようにお考えの方をサポートすることこそ、私たちの勤めだと思っております。

お子さんも大人の方も、やりたいと思った時こそ新しいことを始めるチャンスです。

少しでもご興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

自立学習クラス

自ら学ぶことで学習の楽しさを実感し、考える力を伸ばすクラスです。

算数と国語について、生徒それぞれに合わせたレベルのテキストを使い、個別で学習に取り組みます。

小学2年生から、自身の学習計画を立てるところから取り組むことで自立性を向上させることが目的です。

毎回、お子さんにぴったりのテキストを様々な組み合わせの時間割で取り組むので、飽きることなく集中して学ぶことができます。

 

 

速読聴クラス

5歳〜中学生が対象の「読書する力」を伸ばすクラスです。

レッスンでは、読書支援システムを使いながら速いスピードでの読書で、実際に本を手に取って読書します。

毎週のレッスンの最後には10分間の読書感想文を書きますので、しっかりと文章を「書く力」も養います。

本の世界観を楽しみ、人に伝えることができる子に育ちます。

 

 

知育学習クラス

1歳児から、言葉・数・形について、教具や教材、プリントを使って考える力を伸ばすクラスです。

日本語のみのクラスと、日本語・英語の2言語を使うクラスがあり、どちらもお子さんのひらめきを伸ばし、創造力を引き出します。

3歳児からのクラスでは、年に一度、知能テスト(IQテスト)を受けていただき、得意なところと苦手なところをしっかりと把握して、一人一人をしっかりとフォローします。

 

 

インド算数クラス

3〜6歳児が対象で、数の概念から、足し算、引き算、掛け算(1〜12の段まで)を英語と日本語で取り組みます。

数の概念をしっかりと身につけることで、計算の工夫を自ら考え、みんなで話し合うところまでを目指したクラスです。

 

 

脳トレ(大人の学舎)クラス・大人ののびのび英会話教室

脳トレ(大人の学者)クラスは、大人を対象に、パソコン教室(ワード、エクセルなど)だけではなく、クラフトに取り組み指先を使って脳を刺激したり、英語・日本語の速読や、大人の方の学び直しの学習塾講座(数、理、社、英)の他、カラーコーディネート講座、英語や中国語の日常会話講座など、どこから学んでも楽しい講座が受け放題です。

大人ののびのび英会話教室では、講師と対面で毎回同じクラスにて毎週(月4回)会話や文法の学び直しをしています。

どちらも、受講生同士で会話を楽しみながらお互いを高めあうこともできるので、どの年代の方にもおすすめです。